建設外注費の理論



繊細な美しさとやすらぎのある 和風住宅と茶室・床の間141選 (ホームメイク)住まい方の思想―私の場をいかにつくるか (中公新書 (702))楽しい!手づくりログハウス!! (CHIKYU-MARU MOOK)木でつくる住まい―オークヴィレッジの家と家づくり「終の住みか」のつくり方 (集英社文庫 た 72-1)わたしの家 (講談社文庫)マンション管理の知識 平成19年度版―マンション管理にかかわるすべての人に (2007)悪夢のスイートホーム―シックハウスとの戦い (ルネッサンスBOOKS)建設外注費の理論都会に住んで、元気になろう。


建設外注費の理論

ジャンル:
セールスランク:328093 位
発送可能時期:通常24時間以内に発送
参考価格:¥ 3,675 (税込)

ご購入前のご注意
当ホームページはアマゾンウェブサービスにより運営されております。 商品の取引契約および商品に関する情報は全てAmazon.co.jpの取り扱いとなります。

購入する

建設業実務と理論

建設業における外注費。まさに
トレンドだと思いました。
 ぜひ経営事項審査をする側にも読んでほしい一作です。
建設業経理実務に深く携わるものとして
座右の一冊になります。 
 ぜひ次回作の執筆も願っております。

公共事業を会計から革新する

公共工事は主権者が行うべき事業であるとの指摘は、アダム・スミスもしている。しかし、主権者に福利を提供すべき公共事業に関わる醜聞は後をたたない。行政あるいは、それを受ける業者の懐のみがうるおい、主権者の福利はないがしろにされている。
その問題が市井で騒がれても、責任の所在は有耶無耶にされてきた。次の醜聞では固有名詞と日時を書き換える才のある者がその問題の専門家となる。
本書『建設外注費の理論』は、建設業界で扱われる外注加工費が、様々な原価要素を処理する複合経費であることにその原因があると喝破している。
故郷を離れる宮本常一の父が子に授けた言葉に「人の見のこしたものを見るようにせよ。その中にいつも大事なものがあるはずだ。」というのがある。『建設外注費の理論』は正にこれまでの会計学者が見のこしたもののなかに、新川氏が見つけた大事な理論である。
会計に携わる者だけでなく公共事業に関わる者の必読の書である。



森山書店







         
         
         
         

Ads by Sitemix